ニュース一覧

試験管

分析は専門家に

フタル酸エステルは可塑剤として使われていますが人体への悪影響が懸念され、ROHS指令などで規制されるようになりました。分析は自社では難しいので専門のサービスに依頼する必要がありますが、費用、スピード、信頼性で選ぶのがポイントです。

顕微鏡

電子・電気機器の有害物質

電子機器や電気機器を製造しているメーカーや材料のサプライヤーにとって、ROHSは無視できない指令です。ROHS規制6物質にフタル酸エステル4物質が追加されたため、メーカー側も対応に追われています。検索で見つかった専門の分析機関に問い合わせフォームやメールで申し込めば、フタル酸を分析してもらえます。

男性

ISOコンサルを利用

改正ROHS指令が、国内メーカーに影響を与えています。改正指令では、これまで規制されていた6つの物質にフタル酸エステル4物質が加えられたのです。この物質について、国内では、それほど規制が行われていません。EU圏内で上市する製品を製造するメーカーは、IS0規格を利用することで行動することが賢明です。

実験

他の物質に比べて高め

ROHS指令は二回にわたって出されており、二回目に出された指令で規制された物質がフタル酸類です。赤ちゃんに使うグッズに多く使われており人体への悪影響が懸念されています。分析には特殊な機械が必要なため費用が高額であるという特徴があります。

試験管

輸出に必要な対策

世界的に化学物質への注目が集まる中、ROHS指令という指令で規制された物質への対処も重要となっています。フタル酸エステル類ほ二回目の指令で規制されたものでプラスチックなどに多く含まれています。分析には専門機関への依頼が必要となります。

可塑剤として使用

研究

分析の必要性とは

ROHS指令という指令がEUから出されたことにより、様々な化学物質の含有量について調査する必要性が出てきています。ROHS指令は二回にわたって出されており、当初は鉛、水銀、カドミウム、六価クロムなどといった6種類の物質が対象でした。これらの物質は主に電子機器や家具家電などに使われています。これらの物質は人体にも環境にも悪影響を与えることが懸念されていますが、使用をゼロにすることは難しいです。そのため、許容量をもうけ、許容量以下の含有量にすることが定められました。その後出されたROHS2.0指令では、フタル酸と名前が付く4種類の物質が規制対象に追加されました。フタル酸類は主に塩化ビニールなどの可塑剤、つまり柔らかくして扱いやすくするものとして使われており、赤ちゃんの使うものやおもちゃなどにもよく含まれています。フタル酸類は人体への悪影響が懸念されていることから規制対象となりました。いずれの物質も、ROHS指令以前に作られたものでは含有量がわかりません。そのため、まずは分析を行い、許容量を超えていたら作り直しや廃盤という措置をたどることになります。作っているものによりどの物質が含まれているかはある程度推測できるので、必要に応じて物質を選び、分析するのが一般的です。また、フタル酸類が加わるとやや費用は高額になるのが一般的で、フタル酸類4種類で2〜3万円、10種類すべてで5万〜10万円ほどが相場です。